七五三の御祝い、お返しにおかき・おせんべいを

生まれたときは泣くことしかできなかった。 泣き声に困ったり、怒ったり、泣きたくなったり… でも「今日も元気だな」と安心する。 今では大人と顔負けの態度で、 立派に成長してくれた幸せ。 ありがとうの「感謝」の気持ちと、 貴方の道を進んでほしいという願いを込めて。

七五三の御祝い、お返しにおかき・おせんべいを 七五三の御祝い、お返しにおかき・おせんべいを

生まれたときは泣くことしかできなかった。 泣き声に困ったり、怒ったり、泣きたくなったり… でも「今日も元気だな」と安心する。 今では大人と顔負けの態度で、 立派に成長してくれた幸せ。 ありがとうの「感謝」の気持ちと、 貴方の道を進んでほしいという願いを込めて。

七五三のお話

昔は7歳まで元気に成長することが当たり前ではありませんでした。いつの時代も親としては子どもの無事な成長を喜び、
健やかな成長を願わずにはいられないものです。そのため、3歳、5歳、7歳の節目に成長を神様に感謝し、
お祝いをしたことが七五三の由来とされています。七五三のお祝いをするのは一般的には11月15日です。
11月15日に七五三のお祝いをするようになったのは、徳川家光が病弱であった自身の子供である綱吉が
5歳まで育ったのを将軍家で祝ったところ、庶民がまねし始めて広まったといわれています。

七五三の
贈り物のタイミング

近年、仕事の都合や週末、
大安日を選ぶという方も多いため、
前後することも多いです。
とはいえ七五三の贈り物は11月15日前までに
渡すのがマナーになります。
写真撮影に加える方もいらっしゃるので、
早めのお渡しもオススメです。
また、お祝いを頂いたお返しは遅くと
も 11月中に送るのが良いとされています。

七五三のお祝い、お返しに
こだわりのおかきを贈りませんか?

七五三のお熨斗

赤坂柿山では専用の熨斗もご用意しております。
内祝はお返しとして使われることが多いですが、
本来は自分の家の内々のお祝いごとの記念に、
親しい人に贈るという意味を持ちます。
熨斗の表書きを「内祝」や「御祝」、
お名入れにお子様のお名前も入れられます。
千歳飴に見立てた千歳「餅」もご用意しております。
お日持ちも長い赤坂柿山のおかき・おせんべいは、
お祝いにもお返しにも喜んでいただけます。

かけ紙・のし紙の選択欄から
「七五三のし」をお選びいただけます。
七五三のしをお選びの際は備考欄に表書き、
お名入れをご記載ください。

七五三オススメの商品はコチラ

 

千歳餅chitosemochi

販売期間 2021.10.16~11.15

1,296円(税込)

 

柿山セレクトkakiyama select

5,400円(税込)

 

柿山セレクトkakiyama select

3,240円(税込)

 

ななこnanako

3,240円(税込)

 

ななこnanako

2,160円(税込)

 

赤坂あわせ〔2缶紅白〕akasakaawase [kouhaku]

2,160円(税込)